2017-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水陸両用ハイブリッドカー?!

ロータス ・ エスプリ With マーメイド

幼少の頃にを馳せた “水陸両用マシン”、その切なる想いを見事にビジュアル化してくれたのが、
1977年に公開された007シリーズ 私を愛したスパイ」 に登場するロータスエスプリである。

歴代のジェームスボンド役の中でも、最もそのイメージに近いと評価されるロジャームーア氏の
人気とも相まって、この怪物マシンはシリーズを代表する “ボンドカー” の地位を獲得した。

サークルKサンクス限定 京商
サークルKサンクス限定 京商サークルKサンクス限定 京商
サークルKサンクス限定 京商サークルKサンクス限定 京商
 (サークルKサンクス限定 京商 1 : 72スケール ロータス ・ エスプリ S1 全長 : 65ミリ)

ジンベイザメのような平たいノーズボディラインは、ただ単に空気抵抗を避けるだけではなく、
潜水艇としての機能を彷彿とさせるのには充分なデザインであった。

さらに、本編の撮影のため、実物大の模型車輌を含めて7台ものロータス・エスプリが用意され、
各シーンに応じたスペックへと改造されたとか ・・・・・。

BOSS ジェームス・ボンド コレクション
サークルKサンクス限定 京商サークルKサンクス限定 京商
サークルKサンクス限定 京商サークルKサンクス限定 京商

ジェームス・ボンドが駆るロータス・エスプリは、執拗に追うサイドカーセダンの追尾をかわすも、
ヘリコプターから連射されるマシンガンの雨に耐え切れず、海中へと身を投じる?!

これで一巻の終わりか ・・・・・ と、誰もが息を呑んだその瞬間?!
純白のボディは、車輪を格納するかたわら、ボディの左右に装備された2対のフィンを張り出し、
リヤバンパーに仕込まれたスクリョーを駆使して “潜水艇” へと変貌を遂げた!

ファンタスティック!・・・・・ コレぞ、ハイブリッドカーの極意!!

京商 & BOSS コレクション
BOSS ジェームス・ボンド コレクションBOSS ジェームス・ボンド コレクション
BOSS ジェームス・ボンド コレクションBOSS ジェームス・ボンド コレクション
 (サントリーコーヒーBOSS ジェームス・ボンド コレクション ロータス ・ エスプリ S1 全長 : 95ミリ)

小型サブマリンと化したロータス・エスプリは、敵の刺客たちと海中戦を繰り広げることに ・・・。
そのオプションたる特殊装備には、目を見張るモノがあります!

フロントにはスリット状の装甲窓魚雷、天井には格納式の潜望鏡地対空ミサイルを装填、
リヤには煙幕としても使えるセメントスプレー、そして下部には爆雷を搭載。

武器は不要ですが、こんな水陸両用車があったら海外旅行にも行けちゃいますかねぇ?
えっ?! 海中の随所にガソリンスタンド税関が必要だってぇ~っ ・・・ (笑)

ロータス・エスプリ With サイボーグ008 & 007


記事が良かったら、クリックしてね。

スポンサーサイト

メガウェブ ヒストリー ガレージ

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ

お台場のパレットタウンに広がるアミューズメントショップ “ヴィーナスフォート” の外れに
位置する、「メガウェブ ヒストリー ガレージ」!

りんかい線 “東京テレポート駅” から徒歩 約5分。
新交通ゆりかもめ “青 海あおうみ” から徒歩 約3分。

という立地条件に展開する、カーキチ憩いの場 (?) がココなのです ・・・・・ハイ。

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ

ヴィーナスフォートファミリーの1階ブースから入ると、まず目に飛び込んで来るのは、
美しくディスプレイされたミニカーの数々。
なんとも羨ましい光景です ・・・・・。

ドイツの三輪タンデムで、2人乗りの記念撮影なんかも楽しめちゃったりします ・・・

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ

モータースポーツのレーシングモデルを中心としたミニカーショップ “Grease GPS” を併設。
勿論、往年のカーアイテム “チョロQやトミカ” だって健在ですよ。

でも本コーナーで、特に私の目を引いたのは “ルパン三世 & フィアット 500”!
ケースには、「コレは鑑賞用であり、玩具ではありません!」 と明記 ・・・・・ (笑)
ルパンのジャケットは、劇中同様にグリーンがよかったなぁ~?!

そして、1階の最終コーナーには元F1ドラーバーA・ナニーニ” 氏がプロデュースする、
イタリアンカフェ “ALESSANDRO NANNINI CAFE” の日本1号店がある。

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ

さらに、階段を2Fへ上がると “時間の止まった名車コレクションの街” をコンセプトに、
ティレニア海の風薫るナポリの裏通りや、華やかなりしパリの路地をイメージさせる
薄暗く不思議な空間が待っていた。

また、反対側には砂埃が舞うアメリカの片田舎を彷彿とさせるモーター・インがお出迎え。

そこには確かに '50~60年代の古き良きアメリカが存在し、ピクサー映画の “カーズ” を
思い出さずにはいられない。

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ

レトロなコカコーラグッズが珍しいアメリカンスタイルのカウンターバーBONNIE'S BAR” は、
2階フロアの奥にありパスタやカレーライスには定評があるらしい?!

ジュークボックスから流れるオールディーズは、ノスタルジックな気分にさせてくれる。

バーの奥には小さなショップコーナーがあり、キーホルダーやコースター、マグカップなどが、
ミニカーと一緒に展示販売されていた。

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
 
3,000台以上のミニカーと車輌関係書籍がギッシリ並んだ、ヒストリーガレージ最大のショップ
GREASE” がココ!  (1階の店舗とは姉妹店で、店名のスペルはコチラは “大文字”!?)

木製で統一されたセピア色の回廊に、燦然と輝くフェラーリのフラッグ
オールドナンバーから最新の話題作まで、マニア垂涎の的がトコロ狭しと陳列されている。

ここを訪れるたびに、「いつか・・・いつの日か我が家にこのような空間をと ・・・?!」
嗚呼、・・・・・ 間接照明にミラー、それにガラス張りのディスプレイケース。

完全リフォームだとコスト的に無理?!・・・ ならば、既存品を壁に埋め込んで ・・・
あれこれと、出来もしないコトを空想しながら見学するのも一興かと?!

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ

レーシングカーや名車に交じって、キャラクター系だって負けてませんから
バットマンバック・トゥ・ザ・フューチャー、それにマッド・マックスだってあります。

日本の伝統 (?) マットビハイクルポインターマッハ号の姿も見逃しませんよぉ~ (笑)

大きく 「アメリカ直輸入」 と謳われていたカーズのコーナーも気になりましたが、
トミカとの違いが明確にならずに、スルーしてしまいました ・・・・・ (汗)

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ

誘惑のトンネル (?) を抜けたショップの出口付近にも小さなディスプレイが設けてあり、
最後まで来客を “苦しませて” くれます (苦笑)

少し明るめの照明に映えた、年代モノの自販機やサインを見てホッとひと息 ・・・

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ

ラストは、懐かしいヒストリック・カーたちにに見送られて会場を後にする ・・・・・。

昔はよかったなぁ~」 なんて言葉を多く口にするよういなってきた今日この頃。
時代の流れに飲み込まれそうになると、不思議と過去に逃避したくなりますよねぇ?

最近、“レストア活動” という言葉を耳にします。
当時の技術や社会を調査研究し、モノづくりに生かしていく活動らしいですね?
温故知新 ・・・・・ 古いものを守る情熱や宝箱という意味もあるとか?!

メガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ
メガウェブ ヒストリー ガレージメガウェブ ヒストリー ガレージ

ライトニングマックィーンをたしなめる様にポルシェのサリーがつぶやいたカーズでの名セリフ、
車は昔楽しみに行くために走っていたのではなく楽しみながら走ったものだ ・・・。」
という一言が心にしみるひと時でした。

お台場を訪れた際は、是非とも立ち寄ってみてはいかがでしょうか ・・・・・?
きっと、“イイモノ” が見つかりますよ?

メガウェブ ヒストリー ガレージ


記事が良かったら、クリックしてね。

劇中車展

劇中車展のポースターMAT隊員コスチュームのディスプレイ帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)

お台場の ヴィーナス フォート 2Fに常設されている、ヒストリーガレージで
劇中車展” が開催されていた。
普段は、クラッシックカーに夢中な大人(?) 達も、今回ばかりは別だ・・・・・?!


【帰ってきたウルトラマン 編】

君にも見えるウルトラの星 ・・・・・ 遠く離れて地球にひとり ・・・・・ 怪獣退治に使命を懸けて ・・・・・」

帰ってきたウルトラマンことウルトラマンジャックのスーツと、MATの隊員コスチューム一式、
それにパトロールカー “マット ビハイクル” が展示されていた。

往年のファンを唸らせるアイテム群に、会場には歓喜の声があふれる!

ウルトラマンは、ウルトラ・ブレスレットの発動ポーズ!
カラータイマーは、エネルギー満タンの “” で展示。

マットビハイクルは、スタビライザー(リアウィング) が未装着の前期型!
当時、夢のスポーツカーであった、マツダ・コスモスポーツがベースとなっている。

ウルトラ警備隊のポインターも展示してほしかったのは、私だけかな ・・・・・?

帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)マットビハイクル
マットビハイクル(フロント)マットビハイクル(ドアマーク)


【サーキットの狼 編】

空前のスーパーカーブームの火付け役となった少年コミック “サーキットの狼” ・・・・・!
公道を、常識外の速度でブッ飛ばし、プロ顔負けのレーシングテクニックで愛車を駆る
主人公 “風吹 裕矢 (ふぶき ゆうや)” に、当時の少年達は皆シビレた!

お年玉を集めてプラモデルを買い、夢中で作った少年時代がとても懐かしい ・・・・・。

展示パネル展示パネル展示パネル

主人公の風吹 裕矢が駆る初代愛車 “ロータス ヨーロッパ SP” それに、風吹の義兄であり
尊敬する先輩レーサー、飛鳥ミノルの “ランボルギーニミウラ P400S” も顔を連ねる。

四輪ドリフト! カウンターステア! などの用語は、この時期に覚えた ・・・・・。
ロータスのフロントに印される “スターマーク” の数は、公道レースに勝利した証しなのだ!

ロータス ヨーロッパランボルギーニ ミウラ

この他にも、バック・トゥ・ザ・フューチャーと頭文字Dのコーナーもありましが、
よくわからなかったのでパス ・・・・・ しちゃいました (^^ゞ


記事が良かったら下をクリックしてね!
FC2 Blog Ranking

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

こーら♪

Author:こーら♪
アマチュアオーケストラやボランティアで 『クラリネット』 を演奏しているかたわらで、お気に入りの小物をコレクションしております。
旅日記やグルメ、限定品やキャラクターグッズ、それに掟破りのヒーローものなど種々雑多なブログです。
気になる記事がございましたら、コメントなどいただけたら嬉しいです ♪

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/03│≫ 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

カテゴリー

ブログカウンター


無料カウンター

最近の記事

FC2ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking

人気ランキング参加中!!

特撮リボルテック

お友達ブログ

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。