2010-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DG 仮面ライダー EXTRAMODEL 2

ガシャポン DG 仮面ライダー EXTRAMODEL 2
 (バンダイ ガシャポン DG 仮面ライダー EXTRAMODEL 2)

2010年11月下旬に発売された、仮面ライダーDG 5リメイク品を中心に、
またまたスペシャル版として “DG EXTRAMODEL 2” が登場しました。

オーズからタトバ コンボ メダジャリバー Ver.) とラトラーター コンボ サトラーター換装 Ver.)、
ダブルからサイクロンジョーカーエクトリームナスカ ドーパント覚醒 Ver.) の全4種。

パッケージ (表)

セブンイレブン限定という流通チャネルは、前弾のパート1と同様の展開でありながら、
なんとーっ! 今弾はブラインドBOXでの販売形態?!

暫らく迷った末、目玉 (?) であるサトラーターナスカ ドーパントを狙ってチャレンジ!
残念ながら、ナスカだけが入手出来ませんでしたぁ~ (泣)

パッケージ (裏)

たぶん、一番重い個体が平たい造形ではあるが2枚の巨大翼を持つナスカ ドーパント???
次が上半身とベルトを各々2個づつ封入しているラトラーターとサトラーターの野獣コンビ?!
・・・・・ だと思ったんですがねぇ~ ???

 (仮面ライダーオーズ OOO タトバ コンボ メダジャリバー Ver. 全高 : 89ミリ)
With オースキャン Ver. (DG)
タトバ コンボ メダジャリバー Ver.タトバ コンボ メダジャリバー Ver.タトバ コンボ メダジャリバー Ver.

タカ! トラ! バッタ!」

基本的には初版のDGと同じ素体ですが、左手首がリメイクされ、そのグリップには、
必殺剣メダジャリバーが握られている。

ストロンジウム製の刃は鋭い切れ味を誇り、セルメダル3枚の力を借りたオーズバッシュは、
空間断裂をも引き起こしヤミーを一刀両断する!

剣がウリ (?) なだけに、メダル部分は勿論のこと剣の両面とも塗装されております。

タトバ コンボ メダジャリバー Ver.タトバ コンボ メダジャリバー Ver.
タトバ コンボ メダジャリバー Ver.タトバ コンボ メダジャリバー Ver.
タトバ コンボ メダジャリバー Ver.タトバ コンボ メダジャリバー Ver.

 (仮面ライダーオーズ OOO サトラーター 全高 : 76ミリ)
With ラトラーター コンボ (DG)
サトラーターサトラーターサトラーター

サイ! トラ! チーター!」

ラトラーター コンボとして発売はされているものの、お目当てはやはりサトラーター
上半身を換装することで、2種類のフォームが楽しめる美味しい (?) セット。

サイを模したヘッドパーツと胸部オーラングサークルに刻まれた最上部のバリエーション
それにオーズドライバーの右コアメダルがシルバーへと変更。

コレクターとして、フォームバリエーションの入手は必須なので、ついつい購入したものの、
ここまでヤルのであれば、いっその事サゴーゾ コンボにして欲しかったなぁ~ ?!
でも、さすがDGのクオリティは高く、このサイヘッドも良~く出来ています。

サトラーターサトラーター
サトラーターサトラーター
サトラーターサトラーター

 (仮面ライダー W ダブル サイクロンジョーカー エクストリーム 全高 : 88ミリ)
サイクロンジョーカー エクストリーム

本アソート中、唯一造形には手を加えておらず、両刃剣プリズムソードのリペイントのみ。

武器の発動時を表すかのようなメタリックブルーの着色に変更されていますが、
一般販売品であるDG VOL. 4 の塗装の方がお気に入りでしょうかネ?!

 (写真下が E X 版)
プリズムソードサイクロンジョーカー エクストリーム

HGシリーズの時代からコンビニ限定によるリペイント品の展開は企画され続けて来ましたが、
本格化したのが2008年の “H.G.C.O.R.E.-SP イマジン Special 完全版” 以降です。

ガシャポンをパッケージングし、コンビニに特化して高品質化する ・・・・・?!
新規造形にコストパフォーマンスを見い出すことができない、行き詰まったメーカー側の
苦肉の策なのでしょうか?!

オール新規のキャラクターを数種入れて価格アップを図るか、部分的リメイクの場合は
せめてオープン仕様にしてもらいたいものですネ?!

With 4種共通ディスプレイ仕様書

【関連記事】 DG 仮面ライダー 5 (ご参照) の記事はコチラです!


記事が良かったら、クリックしてね。

スポンサーサイト

IMPRESSE インプレッセ noel GaLaXie ネックレス

IMPRESSE noel GaLaXie ネックレス
 (フロム・ティ・ワールド IMPRESSE インプレッセ noel GaLaXie ネックレス With リザード)

今年の自分へのご褒美 (?) はコレ!
お気に入りのジュエリーブランド “IMPRESSE インプレッセ” のシルバーネックレス。

星形のストーンにシルバーのリザードトカゲ ) をあしらった、洒落たデザインです。
このレアなブランドは都内でも数店舗しか展開しておらず、私は新宿の小田急で購入。

IMPRESSE noel GaLaXie ネックレス

ファンシーでキュートな題材が多いアクセにおいて、リザードをモチーフとした数少ない
ブランドの中ではインプレッセが一番かな?!
海外のブランドではなく、日本製というところも私の中では好評価なのです。

普段は敬遠されがちな “昆虫や爬虫類” も、このような装飾品として新たな生命を得ると、
どこか神秘的で見に付けた人のセンスを伺わせる感じがします。

IMPRESSE noel GaLaXie ネックレス

今回のタイトルは “noel GaLaXie” だけあって、漆黒の銀河 をイメージ?!
コンセプトは、「銀河からのおすそ分け ・・・・・ キラキラと輝く彩とりどりの星たち」

裏側に施されたヒトデ形のベースがシッカリとストーンを抱え込み、その脇をリザードの
シッポでくるりとアクセント。

また、センター部分に抜いた星形のホールもオシャレな演出です。

IMPRESSE noel GaLaXie ネックレス

比較的リーズナブルな価格帯と、丹精込めた職人技が光る創造力豊かなデザインに、
心奪われてしまいます?!

これからも、ほんの少~しづつ増えてゆくであろう (?) 魅惑のラインナップに、
期待大なのだ (苦笑)

IMPRESSE インプレッセ コレクションズ


記事が良かったら、クリックしてね。

ガシャポンで遊ぶ 9 栄光の7人ライダー VS デルザー軍団

デルザー軍団 来襲!デルザー軍団 来襲!
 (バンダイ ガシャポン HGシリーズ デルザー軍団 コンプリート)

 【ガシャポンで遊ぶ 9 栄光の7人ライダー VS デルザー軍団 編】

悪の組織ブラックサタンが壊滅し、平和が訪れたかのように思えたのも束の間 ・・・・・。
伝説の魔人たちの子孫で組織された新たな敵 “デルザー軍団” が日本に来襲!

そのひとりひとりが幹部クラスの実力も持ち、無敵の仮面ライダーストロンガーも歯が立たず、
相棒の電波人間タックルさえも失う展開は、ヤツらの強さを誇示するには十分であった。

捨て身のウルトラサイクロン!捨て身のウルトラサイクロン!

残念ながらタックルは、公式には歴代の仮面ライダーとしてカウントされていないものの、
事実上、“初の女性仮面ライダー” と言っても過言ではない。

そんな彼女の死は、当時の子供たちにとって相当なショックだったはず?!

ジェネラル・シャドウ鋼鉄参謀 荒ワシ師団長
 ジェネラル・シャドウ          鋼鉄参謀              荒ワシ師団長
 
ドクターケイトドクロ少佐岩石男爵
 ドクターケイト             ドクロ少佐             岩石男爵
 
オオカミ長官隊長ブランクヘビ女
 オオカミ長官             隊長ブランク            ヘビ女

マシーン大元帥磁石団長ヨロイ騎士
 マシーン大元帥            磁石団長             ヨロイ騎士

物語の終盤、世界各地に点在していた歴代の仮面ライダーたちが、ストロンガーの待つ
日本の戦地へと集結して来る様子は、まさに圧巻だ。

強敵を前に名乗りをあげながら、次々に合流する仮面ライダー隊!
迎え撃つデルザー軍団の残党と復活した奇械人たち!

轟け爆音! ライダーマシンクロニクル!
 (バンダイ ガシャポン 特撮メカコレクション ライダーマシン クロニクル)

諸般の事情 (?) で、最終回に登場する奇械人のフィギュアが出揃っていないことから、
デルザー軍団オールスターズで代役 (苦笑)

勿論、風を友としライダーたちとともに悪を斬るのは、究極のバイク “ライダーマシン” だ!
大人をもをシビレさせたエキゾーストノートが、主戦場となる山々にコダマする。

栄光の7人ライダー VS デルザー軍団

原作者である石ノ森章太郎氏自身もメガホンをとっただけに、大団円は凄まじかった?!
まるで、仮面ライダーというタイトルが終了するかのような演出にドキドキでした。

そしてライダーファンなら、その誰もが思うはず ・・・・・?!
多くの難問や矛盾点をかかえ、紆余曲折があったシリーズではあるものの、
このラストシーンだけは “問答無用” にカッコイイと!!

VS 新1号VS 新2号
VS V3VS ライダーマン
VS XVS アマゾン

改造人間としての “悲愴感” と平和を守るための “使命感” とが程よくミックスされ、
この上なく絶妙なバランス感覚を有する世界観。

それこそが昭和ライダーの持つ、共通且つ最大の魅力ではないでしょうか?!

栄光の7人ライダー!

【関連記事】 ガシャポンで遊ぶ 8 特撮巨大ヒーロー列伝(ご参照) の記事はコチラです!

【関連記事】 ライダーマシン クロニクル (ご参照) の記事はコチラです!


記事が良かったら、クリックしてね。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

こーら♪

Author:こーら♪
アマチュアオーケストラやボランティアで 『クラリネット』 を演奏しているかたわらで、お気に入りの小物をコレクションしております。
旅日記やグルメ、限定品やキャラクターグッズ、それに掟破りのヒーローものなど種々雑多なブログです。
気になる記事がございましたら、コメントなどいただけたら嬉しいです ♪

カレンダー(月別)

11 ≪│2010/12│≫ 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR

カテゴリー

ブログカウンター


無料カウンター

最近の記事

FC2ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking

人気ランキング参加中!!

特撮リボルテック

お友達ブログ

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。