2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャラエッグ 戦隊ヒーローシリーズ VOL.1

キャラエッグ 1 戦隊 レッドクロニクル
 (バンダイ キャラエッグ 戦隊ヒーローシリーズ VOL.1)

過去にバンダイのキャンディ事業部から発売された食玩、「キャラエッグ」!
中でも私の琴線に触れたのが、“戦隊ヒーローシリーズ” だったのです。

第1弾は、ゴレンジャージャッカーバトルフィーバーの初期3作品をチョイス。

タマゴ型のチョコレートを模した茶色いプラスチック製のカプセルの中には、
極小のフィギュア 1体ラムネ菓子が入っている。

ブラインド形式による販売方法であったため、コンプリートには相当な投資が覚悟!?
中身のお菓子がラムネでひと安心、(?) 本物のチョコエッグだったら虫歯だらけですよ (笑)

キャラエッグ VS HG

フィギュアの大きさは、まさに “こーらサイズ” ・・・・・
ガシャポンHGシリーズと比較しても、ご覧の通りの超ミニサイズとなっている。

しかも、小さいからと言って造形に妥協せず、細部までシッカリ作り込まれているのが嬉しい!

実はウルトラマン仮面ライダーでも類似した製品が登場し、店頭で散々迷った挙げ句、
ズラ~っと並べた時の美しさを夢見て、戦隊モノにターゲットを絞りました。

でも、このシリーズ ・・・・・ 第2弾で終息しちゃったんですよねぇ~ ?!(苦笑)

 (秘密戦隊 ゴレンジャー  1975年4月 ~ 1977年3月 全84話)
秘密戦隊 ゴレンジャー (フロント)
 (キャラエッグ 秘密戦隊 ゴレンジャー 全5種)

言わずと知れた、“スーパー戦隊シリーズ” の第1弾!
ここまで長寿番組となることを、いったい誰が予想できたでしょう ・・・・・ ?!

世界征服を企む悪の結社 “黒十字軍” は、国際防衛機構イーグルの各支部を壊滅させたが、
江戸川総司令は生き残った5人の隊員を招集し、“秘密戦隊ゴレンジャー” を結成。

彼らは、大型戦闘機バリブルーンなどの科学兵器を駆使して、黒十字軍との激しい死闘を
繰り広げてゆく。

5人揃って!アカレンジャーアオレンジャー
                     (アカレンジャー 全高:54ミリ)     (アオレンジャー 全高:54ミリ)
キレンジャーモモレンジャーミドレンジャー
 (キレンジャー 全高:53ミリ)     (モモレンジャー 全高:55ミリ)     (ミドレンジャー 全高:55ミリ)

ゴレンジャーを象徴する名乗りポーズではなく、戦闘スタンバイのオーソドックスな立ち姿での
立体化となりました。

ベルトのバックルまでは色分けされていないものの、各マスクの額部分に刻まれた
ナンバーホルスターは、抜かりなく塗装されております。

パンツスーツやハーフマントに施されたシワは、このサイズにしては秀逸なのでは?!

秘密戦隊 ゴレンジャー (バック)

 (ジャッカー 電撃隊  1977年4月 ~ 1977年12月 全35話)
ジャッカー 電撃隊 (フロント)
 (キャラエッグ ジャッカー 電撃隊 全5種)

国際科学特捜隊 日本支部の鯨井長官は、“犯罪結社クライム” による悪事に対抗すべく、
4人のサイボーグ戦士を誕生させた。

ジャッカー電撃隊” と名乗る彼らは、原子力・電力・磁力・重力のエネルギーを自在に操り、
敵のデビルロボットを次々に粉砕してゆく。

5人揃って!スペードエースダイヤジャック
                     (スペードエース 全高:59ミリ)      (ダイヤジャック 全高:61ミリ)
クローバーキングハートクインビックワン
 (クローバーキング 全高:60ミリ)   (ハートクイン 全高:65ミリ)      (ビックワン 全高:95ミリ) 

トランプのマークをモチーフとしていることから、カラフルで統一感のあるディスプレイが
楽しめる戦隊ヒーローです。

マスクの縁取りは勿論のこと、タスキ掛けしたコスチュームの肩口に走っている
流星マークの色分けも完璧です。

しかし、決めポーズでの立体化はガシャポンHGシリーズとかぶっているので、
奇抜な臨戦態勢などでモデルアップして欲しかったトコロですネ?!

ジャッカー 電撃隊 (バック)

 (バトルフィーバー J  1979年2月 ~ 1980年1月 全52話)
バトルフィーバー J (フロント)
 (キャラエッグ バトルフィーバー J 全5種)

世界に混乱を巻き起こす “暗黒組織エゴス” の野望を砕くため、国防省の倉間将軍は
世界各地から優秀な5人の若者を呼び寄せ、“バトルフィーバー隊” を結成。

巨大メカであるバトルフィーバーロボや万能戦艦バトルシャークといった超兵器を使い、
悪の軍団に立ち向かう。

5人揃って!バトルジャパンバトルフランス
                     (バトルジャパン 全高:60ミリ)     (バトルフランス 全高:70ミリ)
バトルコサックバトルケニアミスアメリカ
 (バトルコサック 全高:48ミリ)     (バトルケニア 全高:60ミリ)      (ミスアメリカ 全高:65ミリ)

初期のスーパー戦隊のコスチュームにしては、身体にフィットしたシャープさがカッコいい。
小さいながらも、その魅力を余すことなく再現している造形師に乾杯!

前ふりにダンズを組み込んでいるだけに、それぞれがアクティブなポーズに仕上がっており、
並べると立体感のある戦隊フィギュアとして見栄えがします。

選抜された国々とそれに伴うデザインイメージカラーがリンクしているのは拍手ものですが、
ダンスの得意な国って、もっと他にあるのでは? ・・・・・ (^^ゞ

でも、メジャーなわりには立体化の機会に恵まれない戦隊なので、大切にしたいですネ?!

バトルフィーバー J (バック)

やはり、ちまちまと細かいモノを集めて飾るのは楽しいです

このサイズで、ガシャポンDGシリーズのクオリティがあったなら私的フィギュアとしては、
パーフェクトなのですが ・・・・・?!

HDM創絶では、毎年恒例の新戦隊ヒーローが継続してリリースされておりますが、
キャラエッグとしても、是非とも復活してもらいたいジャンルです。

キャラエッグ 戦隊ヒーローシリーズ VOL.1


記事が良かったら、クリックしてね。

● COMMENT ●

初期戦隊!

お宝を出してきましたね~!僕もゴレンジャーだけ、そろえました。戦隊はゴレンジャーとジャッカーくらいしか分からないんですが、デザイン的にバトルフィーバーも見てみたいです(東映版スパイダーマンとかカゲスターの匂いがしますよね?)。
それにしても、第2弾の「フィギュアを買って箱に戻す」売り方は、なんだかとっても斬新ですね。

TaDa さんへ

TaDa さんもゴレンジャーを、所有しておられましたかぁ!
やはり、初代戦隊としては絶対外せませんよネ?!
バトルフィーバーは内容はともかく、キャラのデザインがなかなか凝っていて、
好きな方なんですよぉ~。

続く第2弾は、ディテールやポーズにも “力” が入っていて、
いずれの戦隊も素敵ですよ?!
市場のニーズが伴えば、コンスタントに続けて欲しいシリーズでした。
収納に悩むこともなく、ドキュメントとしても管理しやすいので (笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kesami.blog94.fc2.com/tb.php/738-b03ba2a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャラエッグ 戦隊ヒーローシリーズ VOL.2 «  | BLOG TOP |  » メガウェブ ヒストリー ガレージ

プロフィール

こーら♪

Author:こーら♪
アマチュアオーケストラやボランティアで 『クラリネット』 を演奏しているかたわらで、お気に入りの小物をコレクションしております。
旅日記やグルメ、限定品やキャラクターグッズ、それに掟破りのヒーローものなど種々雑多なブログです。
気になる記事がございましたら、コメントなどいただけたら嬉しいです ♪

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR

カテゴリー

ブログカウンター


無料カウンター

最近の記事

FC2ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking

人気ランキング参加中!!

特撮リボルテック

お友達ブログ

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。