2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガシャポンで遊ぶ 13 裏切り者の名を受けて

デビルマン DEVILMAN
 (バンダイ ガシャポン HGシリーズ デビルマン 全高 : 82ミリ)

  【ガシャポンで遊ぶ 13 裏切り者の名を受けて 編】

究極のダークヒーローと言えば、やっぱりこの人 “デビルマン”!

カプセルトイの金字塔である “HGシリーズ” のアニメ作品中でも屈指の出来映えを誇る
デビルマンは、最高峰のディテールと謳われながらも一回きりの単発で終わってしまい、
当時のファンをがっかりさせました (泣)

名立たる妖獣軍団やデビルマンの飛行形態、さらにはコミカルな女性妖獣ララまで含めた、
壮大なシリーズを期待したのですが ・・・・・ 非常に残念です。

デビルマン DEVILMANデビルマン DEVILMAN
デビルマン DEVILMANデビルマン DEVILMAN
デビルマン DEVILMANデビルマン DEVILMAN

原作版は、人の起源まで掘り下げた極めて学術的な内容のストーリー展開でしたが、
TV版は一転して “一途な愛” を最大のテーマに据えていました。

デビルマンは、その人間態となる不動 明ふどう あきら) の身体と頭脳を借り、
彼の精神を喰らいながら、人間界を闇に葬るためにデーモン族より送り込まれた
尖兵にすぎなかった。

一族の中でも、その戦闘能力は極めて高く、瞬く間に人間どもを恐怖のドン底に陥れる
と思いきや、ひとりの女性との出会いが彼の人生 (?) を大きく狂わせてしまった。

氷の国から来た男!氷の国から来た男!
氷の国から来た男!

その女性 (ひと) の名は、牧村美樹
同行した冬山の登山で親を亡くした不動 明が身を寄せる居候先の娘である。

彼女に “ひと目惚れ” してしまった不動 明ことデビルマンは、自分の使命を忘れてしまい、
これ以降は、ひたすら真っ直ぐな愛に生きるのでした ・・・・・ ハイ。

当然、この状況が面白くないのは、デビルマンの故郷に巣食うデーモン族の連中だ。
そこで、一族が打ち出した結論は、“牧村美樹の抹殺”!!!

デビルビームは熱光線!デビルビームは熱光線!
デビルアローは超音波!

しかし、彼女を脅かす存在は、たとえ旧友であろうが元カノであろうが容赦はしない!
それが自分より遙かに強大な上官であっても下克上を突きつける!
そうです!・・・・・ 彼、デビルマンは一族全てを裏切ったのです!

 「美樹、オレはお前の流した血に誓うぜ!」
 「デーモンの奴らを皆殺しだ! ・・・・・ 第一に魔王ゼノンを血祭りだ!」
 「後はもうオレの命が続く限り、ツメとツバサが折れるまで闘って戦い抜いてやる!!!」

その類まれなる身体能力とパワー、さらには体内に宿る多彩な飛び道具を駆使して、
彼女に襲いかかるデーモン族の刺客を次々と返り討ちにしてゆく!

VS 妖鳥シレーヌ
デビルマン妖鳥シレーヌ
妖鳥シレーヌ妖鳥シレーヌ
妖鳥シレーヌ妖鳥シレーヌ

悪魔の心を持つデビルマンにとって、平和だの正義だのという大義名分には全く興味が無く、
牧村美樹の笑顔さえ尽きなければそれでいいから始末が悪い ・・・・・。

だが、美樹が日々笑うには、彼女をとりまく人間界が平和でなくてはならない ・・・・。
このデビルマンの抱えるジレンマが、物語の焦点ではないでしょうか?!

さらに、デーモン族という国家そのものを向こうにまわし、たった一人で闘うその姿が胸を打ち、
女性なら誰でもこんなに “愛されたい” と思うはず??? ・・・ ですよネ?!

デビルマン VS デーモン族幹部
魔将軍 ザンニン妖将軍 ムザン妖元帥 レイコック
デビルマン VS デーモン族幹部

普通の人には、こんな事は到底出来るものではないが、残念ながら彼は悪魔なのです (笑)
その一途な姿は、目的の違いはあれど “人造人間ハカイダー” に通ずるものがある。

最終回のラストシーンでは、隠し続けていた自分の正体を暴かれてしまい意気消沈するも、
牧村美樹が投じた思いもよらない発言が胸を打ち起死回生する。

 「明くんがバケモノであるはずがないもの! さぁ、明くんをもとの姿に戻してよ!」

このあたりが、なんでもオープンにすることを良しとする “平成の風潮” とは一線を画す、
昭和の秘める美学” なのでしょうネ?!

VS 妖獣ゴッド
妖獣ゴッドデビルマン
妖獣ゴッド妖獣ゴッド
妖獣ゴッド妖獣ゴッド

 美樹 「良かったわ、もとの明くんに戻って ・・・ バケモノのままだったらどうしようかと思ったわ」

   「もし、そうだったら俺を嫌いになったかい?」

 美樹 「そうでもないわ ・・・・・」

   「ふぅ~ん ・・・・・」
 
 美樹 「案外カッコよかったわ」
 
   「ありがとうよ ・・・・・」

 美樹 「何が?」

   「俺を信じてくれたことさ ・・・ 目の前でデビルマンになった俺を ・・・」

 美樹 「どんな格好になったって、中身は同じ明くんじゃない?!」

   「そうだよ ・・・ 好きだぜ美樹 ・・・・・」

 美樹 「え?! ・・・ 何か言った?!」

   「何でもねぇ~よ ・・・・・」

デビルマン妖鳥 シレーヌ妖獣 ゴッド
 デビルマン                  妖鳥 シレーヌ                妖獣 ゴッド
魔将軍 ザンニン妖将軍 ムザン妖元帥 レイコック
 魔将軍 ザンニン               妖将軍 ムザン              妖元帥 レイコック

嗚呼、今日もどこかでデビルマン ・・・・・ 悪魔の血を巡らせる青緑色の天使よ。
貴方は、あまりにピュアだった ・・・・・。

ところで貴女、隣にいる素敵な彼が実はデビルマンなのかも知れませんよぉ?!
何故って、エンディングテーマの歌詞にもあるじゃないですか ・・・・・。

 「誰も知らない 知られちゃいけない デビルマンが誰なのか~ ♪」 ってね

今日もどこかで、デビルマン?!今日もどこかで、デビルマン?!
今日もどこかで、デビルマン ・・・?!

【関連記事】 ガシャポンで遊ぶ 12 仮面ライダー 対 ショッカー 後編(ご参照) の記事はコチラ!


記事が良かったら、クリックしてね。

● COMMENT ●

デビルアローーーー(←声が裏返りながら)!!…が発動してますね(笑)。すごい!

このシリーズ、僕は最後の幹部3人と、EDのデビルマンだけ持ってるんですが、ノーマル仁王立ちのやつ、こんなにカッコよかったんですね。知りませんでした。写真の撮り方もいいんでしょうね。

最終回のセリフも泣けました!

メディアの思う壺でモール卿にハマリまくってる僕と違い(笑)、あえて今デビルマンなコーラ♪さんの記事は素晴らしいです!過去のもの、ぜんぶアップしておくっていうのは、面倒ですが大事ですね。

リッチミー さんへ

コメント、ありがとうございます!
仁王立ちのOP版デビルマンは、かなりイカしてますよ。
顔だけでなく、腹筋や手足の筋肉まで見事に再現されています。
体色もED版の夕日色に対して、OP版は朝日を浴びた時をイメージしたらしく、
カラーリングにも開発担当者としてのこだわりもあるようですよ?!
この時期のHGは、本当に丁寧に作られていて素晴らしい出来映えですね。

市場に物欲を感じない時期は、こうして昔のコレクションを発掘しちゃうんです (汗)
でも、既に皆さん所有しているでしょうから、チョコットだけスパイスを ・・・???
サボっていた分、少しづつペースを上げていければよいのですが ・・・???

今日もどこかで…

復活だー!
タルタルーガのドアにしては長い休み、
もしや?の不安に眠れない日も続き…^^;)ナンテ

デビルマン、まさにアニメの立体化ですねー。
ワタシも持ってましたよ~!
自立が結構難しかったような気が…
こーら♪さんのエフェクトでビリビリきてますね~。
ど、どうやったのかなー。
わかんなくって良いです!また驚かしてください!

渾身!

うわあ、渾身の記事ですね。
おもわず熟読してしまいました。

個人的には前記事二つの雑貨に興味しんしん(笑)

しかしあまりの記事のボリュームにこっちにコメつけます。

雑貨もおもちゃっぽいギミックでカラフルなものがお好きなんですね。
変形する雑貨!(`・ω・´)シャキーン

oto さんへ

コメント、ありがとうございます!
ハイ、長~いお休みをいただいちゃいました?(笑)
いろいろと雑務に追われておりまして、皆さんの記事を拝見するのが
精一杯の日々でした (苦笑)
お蔭で、S.I.C. 極魂のサイドバッシャーを買い逃すという、
大失態をやらかしてしまいました (泣)

興味ないでしょうが ・・・・・???
エフェクトは、アルミフォイルとコットンで自作しました。
デビルマンは、数多いHGの中でもお気に入りのひと品なので、
つい力が入っちゃいましたよ ・・・・・。
また、“ガシャポンで遊ぶ” のカテゴリーの時は頑張ってみますネ???

こずえ さんへ

コメント、ありがとうございます!
個人的に好きなキャラクターなので、フィギュアの出来の良さも
相まって、チョット頑張っちゃいました~ (笑)
こずえ さんも、力の入った手作りの品々を披露されておりますが、
とっても羨ましく拝見しております。
私の様な不器用な人間は、撮影に使用するエフェクトを作るだけでも、
かなりの大仕事なんですよぉ~ (汗)

> 個人的には前記事二つの雑貨に興味しんしん
  本来は、コチラ系がメインだったのに・・・。
  いつの間にか、特撮系のサイトに???
  これからも、珍しくてプチ可愛い品々を
  ご紹介してゆけたらイイなと思います。

ご察しの通り、小さくてチマチマしている雑貨類が大好きなんです。
フィギュアも含めて ・・・ 懲りないなぁ~自分 (笑)
これからも、時々遊びに来てくださいネ。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kesami.blog94.fc2.com/tb.php/804-ef0c4e9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HG ヒーローズ ウルトラマン 1 «  | BLOG TOP |  » その名は、バッテン丸?!

プロフィール

こーら♪

Author:こーら♪
アマチュアオーケストラやボランティアで 『クラリネット』 を演奏しているかたわらで、お気に入りの小物をコレクションしております。
旅日記やグルメ、限定品やキャラクターグッズ、それに掟破りのヒーローものなど種々雑多なブログです。
気になる記事がございましたら、コメントなどいただけたら嬉しいです ♪

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR

カテゴリー

ブログカウンター


無料カウンター

最近の記事

FC2ランキング参加中!!

FC2Blog Ranking

人気ランキング参加中!!

特撮リボルテック

お友達ブログ

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。